-参加までの流れ-

世界遺産の海底を散歩

お申し込み

お申し込み

水中に行く前に

水中に行く前に

安全説明

安全説明

プラットフォームへ出発

プラットフォームへ出発

ヘルメットを装着

ヘルメットを装着

水中をお散歩

水中をお散歩

  • お申し込み

    ご乗船後に船内のシーウォーカースタッフに声をかけてください。健康診断フォームや当日のスケジュール調整などのアシストをさせて頂きます。
  • 水中に行く前に

    グリーン島内にありますダイブショップに集合したらスタッフが皆様にウエットスーツをお渡しします。集合の際には水着以外何も必要ありません。皆様のお手荷物はお預かりしかねますので、お連れ様か島内にありますロッカーに必ずお預けください。
  • 安全説明

    ウエットスーツとダイビングブーツを着たら安全説明を行います。5分程度の安全説明のビデオを見た後にスタッフにご不明な点をご質問下さい。
  • プラットフォームへ出発

    ビーチではテンダーボートに乗船。5分程沖に移動するとシーウォーカー専用プラットフォームに到着します。ボートでの移動中はウミガメやエイなどの様々なグレートバリアリーフの住人に会えるかも?しれません。
  • ヘルメットを装着

    水面では順番にヘルメットを装着していきます。水中に潜行をする際、スタッフは皆さんのお側を離れません。
  • 水中をお散歩

    熟練のインストラクターが皆様を魅力的な水中世界へご案内致します。そこでは様々なお魚や珊瑚礁が出迎えてくれます。世界でも注目?されているフォトボム(意:写真に写り込む事)するブダイ、“ギャビン君”と一緒に写真を撮れるかも!?
Smile for your friends and family back home !!

シーウォーカーグリーンアイランドの特典

ブダイのギャビン君

プラットフォームの下に住むヒブダイのギャビン君は写真に写り込む事が大好き!イギリスやブラジルのメディアにも取り上げられる程の人気者です。彼はほぼ毎日現れてはお客様の写真にフォトボムしています。 more about Gavin

Quick!! Book your chance for a photo with Gavin today!!!

“ヒブダイは最大で1m、体重6.5kgにもなる魚です。口がまるでオウムの嘴の様は形をしている為、英語ではParrotfish(Parrot=オウム)と呼ばれています。彼らは死んだ珊瑚礁などを食べて綺麗な砂を排出する為、グレートバリアリーフには欠かせない存在でもあります。”


思い出を記録に

グレートバリアリーフの思い出をお持ち帰り

シーウォーカーではプロのカメラマンが皆様の水中のお写真を撮影致します。水中で撮ったお写真はシーウォーカー終了後にUSBか写真にてご注文頂けます。ご注文頂いた写真はグリーン島の写真屋ブース、またはケアンズのリーフフリートターミナル内にありますFocus Reef Imagery Centreにてお持ち帰り頂けます。
詳しくはIsland Photography Australiaのウェブサイトまで。
Visit Island Photography Australia